ジェイグラン北千里

ジェイグラン北千里 ユーキャン コラボレーション企画 ジェイグラン北千里 ユーキャン コラボレーション企画

始発駅が生む通勤のスキマ時間を活用して北千里に住む3人のビジネスパーソンが資格取得にチャレンジ。
時間の使い方を変えることで
暮らしに、自分に、家族に、
どんな変化が起こるのでしょうか。

アロマテラピーで
仕事の幅を拡げたい。

マッサージの仕事をしていると、気になるのはお客様に本当にリラックスしていただけているかということなんですね。体の疲れを癒すには、心もリラックスしていないといけませんから、アロマを施術に加えられるとより良いかなと、思うようになり、最近は勉強を始めようかなと考えています。

Q.チャレンジしようと思ったきっかけ、叶えたい未来を教えてください。
接客中に「ここではアロマは取り扱っていないの?」とご要望をいただいたことがきっかけです。今のメニューにアロマが加われば仕事の幅が拡がりますし、何よりお客様にも喜んでいただけますよね。

インタビュー22019年9月6日

Q. 近況を教えてください
添削が(3回のうち)2回終わりました。(受験の申し込みが直近であり)1級と2級の併願で受けようと思っていたのですが、退路を断って(問題数の多い)1級に絞って受験しようと覚悟が決まりました笑。

Q.勉強を始めて2か月ですが、どうでしたか?
あっという間ですね…笑。勉強を始めたのが7月なので丸々2か月経ってはいるのですが、やっぱりお盆・夏休みって子どもが家にいるのでなかなか勉強できない!
まさに通勤時間を活用して勉強していましたね。これがなかったら本当に時間が確保できなかったです。あとはTOEICの方のインタビュー記事を読んで、職場に早く行くのも手だな、と思い真似しました!
暗記パートは個人的に声に出さないと覚えられないので。アロマにまつわる人名を覚えるのが苦手で…環境問題などのほかの分野と違って暮らしの延長にない問題なので、つらいパートです。

Q.ご家族の反応は?
前回も言ったように、香りに下の子どもが興味を示してくれて一緒に勉強できているんです。ただ、私の家事と子どもの宿題やお風呂、明日の準備等がきちんと終わった状態でないと始められないので、できる日とできない日があるんですけれど。私の好きな香りと子どもの好きな香りが違ったり、感じ方が違ったりして面白いです、なかなか参考になる意見をくれたりするんですよ笑。「こういうかんじの匂いがする」って感受性豊かなイメージを伝えてくれるので大いに参考になっていますね。
一人だとしんどいパートだったと思うのですが、言い合えると「あのときああいってたな」という風に思い出せていいですね。
テキストがあと数ページで終わってしまうので、あとは復習なんです。なので電車では読書みたいにひたすら読み込んで暗記です。ユーキャンのキットの中には石鹸づくりのセットなども入ってて。「こういう楽しみ方もありますよ」という教材なんですけれど、それは試験明けの楽しみにとっています。遊びじゃないという自分なりの気持ちの切り替えのために…

Q.電車の中で勉強はできていますか
通勤時間がなかったら逆に厳しかったと思います!職場の最寄は北浜ですが、北千里からは絶対に座れるし、帰りもうまくいけば南森町くらいで座れますから。往復で結構な時間が確保できますよね。これがなければ家でするか、外のカフェなどで自分の時間を作らないといけないですから。
通勤時間結構かかるという方は多いですけれど、そんな中でも絶対に座れるというのは大きいですね。JRみたいに乗り過ごしてとんでもないところまで行ってしまったりすることもないですし、各停なので安全運転で。座りながら記述もできます。この時間を使わないと損だなと思います。

インタビュー1(後編)2019年7月26日

Q. 職場の反応はありましたか?
同僚たちには「早く知識を展開して!」と急かされています笑。インプットとアウトプットを平行してやるとより身に付きますしね。
アロマ好きな先輩が一人いて、応援してくれるので心強いです。

Q. 暮らしに変化はありましたか?
例えば、美容院でもお客さんの体調に合わせて香りの異なるシャンプーを使い分けたりされてるじゃないですか。虫よけの香りなんかもありますし。
もともと(マッサージセラピストとしての)仕事方面で役立てたらいいな、と思い始めた勉強でしたが、日常生活でもいろんな面で役立ちそうで期待しています。教材に含まれる精油で試すのが楽しみです。

インタビュー1(前編)2019年7月19日

Q. 通勤時間で勉強はできていますか?
行きの電車の中でテキストを読むようにしています。北千里は始発駅なので座れていますよ。帰りの電車は疲れて寝てしまうのですけど笑。あとは、家事をすべて終わらせて子どもたちが寝静まった後にコーヒーを飲みながらですね。でもメインはやっぱり電車です。
アロマの教材は単元が短く分けられているので、スキマ時間に勉強のしやすい資格だと思います。

Q. 家族の反応はありましたか?
小学生の子どもは驚いていました。子どもの音読の宿題に付き合った後、私がアロマのテキストを音読し始めるのを見て「どうしたの?!」と。「大人になっても勉強は要るねんで…」と伝えました笑。
普段から柔軟剤の香りにもこだわる子なので、精油の教材にも興味深々。実践的な勉強に移ったら、香りの当て合いっことかをしながら楽しく勉強に付き合ってもらいたいですね。今から楽しみです。

今回Hさんがチャレンジする
『アロマテラピー検定』とは

アロマテラピー検定は、(公社)日本アロマ環境環境協会が運営する検定試験。アロマをご自分で楽しんだり、まわりの方と楽しむための知識が問われます。癒しやリラクゼーションへの関心が高まる今、アロマテラピー検定試験受験者は毎年約2万人以上が受験!今大注目の検定試験です。

Hさんの第3回目インタビュー
は12月6日に公開(予定)

他の方のインタビュー

ユーキャンコラボページのトップへ

ジェイグラン北千里 コンテンツ